《HOUSTON》の大定番「ECWCS PARKA」に、新色の“BROWN”が登場!

ミリタリーの老舗《ヒューストン》を代表する定番アイテム「ECWCSパーカー」に、ニューカラーの“ブラウン”が登場。ミリタリーウェアの中でもトップクラスの機能性はそのままに、秋冬にぴったりな落ち着いたデザインを完成させた。

 

第一世代(GEN1)の1stモデルを忠実に再現

「ECWCS」とは、アメリカ軍に採用されている極寒冷地被服システム(Extended Cold Weather Clothing System)の略称で、1980年代に開発されたウェアリングの規定。第一世代、第二世代、第三世代と進化を続けているが、本モデルは第一世代(GEN1)の1stモデルが忠実に再現されている。ボディの素材には、防寒・防風・撥水機能を備えたナイロン素材“TYPE 3 LAYER”を採用。都市部からアウトドアフィールドまで幅広いシーンで活躍する。全7色を展開。1万8480円

 

あらゆるシーンに適応する「ECWCSパーカー」の優れた機能に注目!

▲フードには、小ぶりながらもバイザーが配されており、雨や太陽光を防いでくれる。

▲フードの内側には、伸縮性のあるゴム製のドローコードが配されており、絞り具合の調節が可能。

▲実物の「ECWCSパーカー」の特徴のひとつである、フロントタブも忠実に再現される。

▲フロントにはダブルジッパーを採用。ジッパー両サイドには縦型の隠しポケット付き。

▲ウエストの内側には、裾下からの冷気や埃の侵入を防ぐためのストッパーを装備。スナップボタンで簡単に着脱できる。

▲フロント両サイド下部には、スナップボタンとベルクロ付きのフラップポケットを装備。

▲袖口にはベルクロを備えており、絞り具合の調節が簡単におこなえる。

▲二の腕部分には、ジッパー式のベンチレーションを搭載。ジャケット内にこもった蒸れを放出できる。

▲左腕にはフラップポケットを装備。フラップはベルクロによって簡単に着脱ができる。

▲裏地のタグ下には、ベルクロ式のポケットを装備。戦時中、書類や地図などの重要書類を雨や雪で濡らさないため、また、隠しておくために搭載された。

▲《ヒューストン》の展開する「ECWCSパーカー」にはカスタムモデルも存在するが、本作はレギュラーモデル。レギュラーモデルには、グリーンのタグが配される。

 

「ECWCSパーカー」のカスタムモデルが新登場!

メインで紹介しているレギュラーモデルの「ECWCSパーカー」に、デザインアレンジが加えられたのがコチラの「ECWCSパーカー カスタム」。今季、新たに登場した注目作だ。特有の優れた機能性はレギュラーモデルと同様。ショルダーとエルボー部分に切り替えが施されており、よりカジュアルな雰囲気に仕上がっている。裏地にはオレンジを採用。左から「コヨーテ」「フォリッジ」「ウッドランド」「オリーブドラブ」の全4色を展開。各2万1780円

▲カスタムモデルには、レッドのタグが配される。

問:ユニオンネットストア

「ECWCS PARKA」

「ECWCS PARKA CUSTOM」