今一番気になるタフなクルマに新型登場 ジープ・ラングラー ニューモデル試乗!!

WRANGLER SAHARA

まったくの偶然だろうが、2018年はメルセデス・Gクラス、スズキ・ジムニー、ジープ・ラングラーと価格はだいぶ異なれど、各国を象徴する本格的オフローダーである3車種が相次いでモデルチェンジしたというのが興味深い。

中でもラングラーは、世界でもっとも伝統あるオフローダーのブランドであるジープの中でも、源流である“ウィリスジープ”の流れを色濃く受け継ぐモデルである。そんなラングラーが北米以外の市場でもっとも売れているのが、日本国内だというからさらに驚く。
「JK」と呼ばれる先代モデルに対し、新しい「JL」はあえてイメージを変えなかったようだが、実はパーツ単位でいうと踏襲しているのは僅か5%というから、かなり大がかりな全面改良といえる。

キャビンの質感も大幅に引き上げられている。ラングラーは高級車から乗り替えるユーザーも少なくなく、彼らが不満を感じないようにとの配慮による。とくに後席での居住性も改善が顕著だ。

乗り味も、ずいぶん洗練されていて驚いた。先代の「JK」が出た時もオフローダーとして快適性はまずまずという印象だったが、新型の「JL」はさらに別物といえるぐらい大幅に改善されている。乗り心地は快適で、静粛性も高い。軽量化が効いてか走り味もうより軽やかになり、いたって乗りやすい。ステアリング切れ角が増して格段に小回りが利くようになったのも大きな進化点だ。

パワートレインは既存の改良版である自然吸気の3.6L V6に、新たに2L直4のダウンサイジングターボが加わった。レギュラーガソリン仕様というのも嬉しい限りである。

JEEP WRANGLER SAHARA

今回は最強版である「ルビコン」を駆り本格的なオフロードを走る機会に恵まれたのだが、その走破性の高さには感心しきり。こんなところを本当に走れるのかという過酷な路面でも、アクセルさえ踏んでいればものともせず踏破していける。最小回転半径が小さくなった恩恵で、かなりタイトなコーナーでも切り返すことなく走れるのも「JL」ならではだ。

またラングラーの特徴であるフリーダムトップについても、これまでやや煩わしかった着脱作業が容易になり、より簡単にオープンエアドライブを楽しめるようになったのも嬉しい◎。

このように「JL」は多くの面で明確な進化を遂げている。ラングラーとしてあるべき理想の姿を追求したというが、そのことが実車に触れるほどヒシヒシと伝わってくる。

JEEP WRANGLER SAHARA
JEEP WRANGLER SAHARA
JEEP WRANGLER SAHARA
JEEP WRANGLER SAHARA

外観同様にCJシリーズを彷彿させた室内デザインを醸し出す。水平基調のダッシュボードが特徴だがApple CarPlay、Audroid Autoに対応した最新世代のUconnectを搭載。

JEEP WRANGLER SAHARA

軽量化やキ取り付けメカニズムを見直ししたフリーダムトップ。トップ取り外し箇所のウエザーストリップを二重構造へ強化。雨漏りの心配なし! さらにキャリアをそのまま取り付けられる仕様への進化はありがたい!


SPECIFICATIONS
JEEP WRANGLER SAHARA

全長/4870×全高/1895×全幅/1840
車両重量/1980kg
エンジン/V型6気筒DOHC
総排気量/3604cc
最大出力/209(284ps)
最大トルク/347(35.4kg・m)
トランスミッション/電子制御式8速AT
駆動方式/オンディマンド方式4輪駆動

お問い合わせ
www.jeep-japan.com
JEEP CALL TEL.0120-712-812