新型ジープ・ラングラー選ぶなら“ルビコン”しかないその理由とは

JEEP WRANGLER RUBICON

いざとなればどこにだって行ける安心感
世の中にある様々なアメ車のなかでも、常に別格のポジションをキープしているのがジープ。特にジープ・ラングラーは第二次世界大戦で活躍した軍用車の流れを色濃く受け継いだ本格的なオフローダーだ。で、そのなかでも“最強”と呼ばれるルビコンを選ぶ理由をあれこれと考えてみたが、やはりその“安心感”に行き着くのではないだろうか。ファッションにしろアウトドアにしろ、男は時にオーバースペックに憧れる。海に囲まれ地続きでの国境を有さない日本において、過剰な悪路走破力が活躍するシーンは少ない。だが、いざとなればどこにだって行ける、どこだって走破できるという安心感は何者にも変え難く、もう一歩自然に入り込むための勇気を僕たちに与えてくれるのだ。


ジープ・ラングラーの最上位モデルのルビコンにはルビコンにしかない様々な機能やルックスが詰まっているのも魅力のひとつ。必要に応じて、後輪のみ、あるいは前後輪両方のディファレンシャルロックが可能なのはルビコンのみ。また強烈な駆動力を発揮するロックトラックフルタイム4×4システムと専用の変速比を設定し、さらに専用の17インチホイールとマッドテレインタイヤはひと目で本格オフローダーであることを主張する。インテリアにもルビコン専用のレザーシートにRUBICONの刺繍や専用カラーのインストルメントパネルが気分を高ぶらせるのだ。


JEEP WRANGLER RUBICON

価格は588万6000円(5月18日発売)

お問い合わせ
ジープフリーコール TEL.0120-712-812
www.jeep-japan.com