JEEPのオーバスペックの証『TRAIL RATED』とは?!

「ジープ・トレイル・レイテッド」バッジというのは、オフロード走行を得意とするジープの中でも過酷な未舗装路で一定の性能試験をパスしたモデルのみに与えられる勲章だ。

2019年の「4×4day(=4月4日)」で、昨年日本に上陸を果たした新型ラングラーに最強のオフロード性能を誇る「ラングラー・アンリミテッド・ルビコンが追加。さらに、その他のジープ車も悪路走破性を高めて冒頭のバッジが付いた「トレイルホーク」が導入された。

ラングラー・アンリミテッド・ルビコンは最高出力284psの3.6L V6を搭載し、強力な駆動力が極悪路に効くという専用のローレンジを設定した4×4システムと強化された前後輪のデフを任意でロックできる他、フロントのスウェイバー(スタビライザー)を解除することで、左右輪を独立してより柔軟にストロークさせることができるという画期的な機能まで搭載している。

この「電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム」はスゥェイバーをつないだままだとタイヤが少し空転しがちなところ、解除するとサスペンションが長く伸びてタイヤが路面に届き、しっかりトラクションがかかって空転しなくなるというものだ。

このようにトレイル・レイテッドのバッジがついたモデルは、未舗装路で一定以上の走破性能を約束するもの。オーバースペックが好きなMFLの読者の皆さんには、ぜひこのバッチがついているモデルを選んでもらいたい!

 

MFL vol.09 特集:オーバースペック学  購入はこちら!

JEEP CALL  TEL.0120-712-812   /  www.jeep-japan.com